まろまゆげのわんこがいる暮らし 〜愛犬との日々を記録に残そう〜

ささやかな日常を大切にしたい。そんな想いから愛犬との日々を写真やブログに残しています。愛犬との暮らし(お部屋、食事、外出、制作物など)綴っています。

カテゴリ:【愛犬のダイエット&健康を守る】

11月の体重。3.3キロ。病院でもトリミングでも家でも、いつでも安定の3.3キロです。笑。 ...

心臓病の薬は錠剤と粉薬です。毎日、手作りごはんに混ぜてあげています。繊細な子や好き嫌いがあるわんちゃんは、薬を避けたり飲んでくれず苦労するそうですが、まろまゆさんは...全く気にしない。残さず毎回食べてます。きゅうりや椎茸は避けるけど、薬は大丈夫です。笑。ち ...

心臓病は症状が急変したり、予想ができない病気です。しかし、肺に水にたまるのがあまりにも早すぎて...私は混乱しました。妊娠後期はお腹が大きいし、貧血もあったので、前のように身軽に動けず。急に病院へ行くことは、一苦労でした。また出産後も、子育てが始めればまろま ...

まろまゆさんが倒れた4月末から一ヶ月。たまに、しんどそうに寝返りをうつことはありましたが、倒れる事もなく5月は穏やかに過ごしていました。そして、6月に入り数日過ぎた土曜日の15時。昼寝後に、しきりに「ケッケ」と咳をしたり、唾を吐くような動作をし出しました。定期 ...

10月の体重3.3キロ。あれれ?デブ??理由は直前にかぼちゃのオヤツを食べたから。仕事から帰宅した旦那くまさんと仲良く食べたあとに、体重測定をしていない事に気づいてしまった。(´;Д;`)ごめんね。10月最終日はハロウィン。面倒で仮装とかやらないけど、かぼちゃが食 ...

病院で検査を受けてから、まろまゆさんの栄養を見直しました。そして、気づいたことがありました。まろまゆさんに必要な栄養素DHC・EPA食物繊維鉄分・ビタミンCカルシウムビタミンE嫁まぁこ(妊婦)が特に必要な栄養素DHC・EPA食物繊維鉄分・ビタミンCカルシウム葉酸「あなたは ...

毎日30分、夕方の日課にしていた散歩を辞めました。まろまゆさんは外が好きだし気分転換にと、妊婦の散歩に一緒に連れていきましたが、徐々に心臓に負担をかけてしまっていたようです。散歩をさせたらダメという事でなく、回数や時間等やり過ぎてしまったという事です。散歩 ...

安定期から比較的穏やかに過ごしていたマタニティライフですが、7ヶ月目に低置胎盤の可能性があると言われ、たいそう落ち込みました。そして8ヶ月半ば。それを遥かに上回るショックすぎる出来事がありました。前にも記事に書いた通り、まろまゆさんが倒れたのです。→まろま ...

9月の体重は...なんとエラー!なんでー!?Σ( ̄。 ̄ノ)ノというわけで、再測定!ん?後ろに見覚えある顔が...←君だよ。笑。3.2キロでした。まぁこの体重はむくむく増加していますが、まろまゆさんの体重は素晴らしく安定していますね。 ...

この度体重計が新しくなりました(*´ω`*)前のより薄くて軽い。まろまゆさん、あまりお気にめさないようで...なかなか乗ってくれません(p_-)やっと乗って3.2キロ。先月から0.1キロ減です。最近おやつの時間が定番になっています。おやつはトマトや豆腐や果物など。散歩もガッ ...

今回まろまゆさんが倒れた日は、4月の第4土曜日だったのですが5年前に子宮蓄膿症で倒れた時も4月の第4土曜日でした。→子宮蓄膿症で病院にいった日ただでさえ土曜日の午後は休診の病院が多いのに、この時期はGWの関係で休みが続きます。緊急なのに診てもらえない時期で、本当 ...

日中のまろまゆさん。今日は無印ソファーでくつろいでます。倒れる前はより快適にと思い、「こっちおいで〜」とか「ここで寝たら?」と言っていましたが。今は何も言わず、好きにさせてます。観察して気づきました。わんこはより快適な場所で楽な体勢で勝手に寝る。笑。危険 ...

1週間後、再び病院へ。経過報告をし、貧血の再検査や今後の治療方針を決めました。とりあえず、貧血は改善!前回の数値も倒れるほどの数値でもなく、どこか内臓が出血してる値でもなかったそうですが、標準値まで改善して良かった。手作りごはんが効いたかな。笑。採血の際に ...

旦那くまさんは割腹が良く、器が大きい。見た目も人柄も安心感があり、一緒にいて落ちつく人です。病院へ行き1週間様子見だった時は、タイミング良くくまさんがGWだったので、一緒に過ごす事ができました。旦那くまさんはマイナスイオンが出ているのか、まろまゆさんはべった ...

獣医さんに診てもらい薬を飲み始めたものの、やはりまたいつ倒れるか分からないため、次の診察までは少々不安な毎日でした。何かの気づきにもなると思い、天気や気温を含め気づいた事を小さなノートにメモをとり始めました。私が落ち着いて接していくため、気を抜きすぎない ...

↑このページのトップヘ