前回の出産レポートはこちら
出産レポ① 計画無痛分娩 午前の部
出産レポ② 計画無痛分娩 午後の部


19:30-19:50
分娩の準備を始める。

ベッドが分娩台に変身し、気づくとお産体制に。会陰切開の準備もされ、びびる。助産師さんが一人増えて2人体制になる。

母はよくしゃべりソワソワ。旦那さんはビデオを回す。

陣痛がくる度にいきむ。練習が本番に変わる。下腹の鈍痛が少しハッキリし、いきみのタイミングが分かりやすくなる。

台のバーを持っていきむも、点滴をしている手が痛すぎて片手で踏ん張る。

しかし、飲食禁止のため体力消耗して力が出ない。

息を止めるのが苦しすぎて、マタニティースイミングで練習したいきみとは全く違う事を実感する。

いきみと同時に赤ちゃんの頭の向きを変えるために、院長先生が手動でグルっと回転させる。

今までの内診グリグリとはワケが違い、痛みはないが「にょにょにょ~」と言ってしまうような違和感を覚えるも、苦しくて息が止め続けれない。


腰がずっしりしてくる。赤ちゃんの頭がでてきているようだ。

何度もいきみ、ついに会陰切開される。切られた時の痛みはないが、さっきからの鈍痛がスイカ並みの巨大な便が出てるような、腰にボーリング玉が入ってるような重さになる。

2人がかりで助産師さんにお腹を押され、院長先生には吸引されるも全然出てこない。

いきみが短いと先生に怒られ、私のいきみが下手なせいで苦しい思いをしてるのかと思うと辛くなる。


後から知ったが、実際は赤ちゃんが顎を引かず顎の下に手を置いていたので、引っかかって出てこれなかったようだ。


いきみすぎて体力がなくなり限界に。苦しすぎて声を出して騒ぎ始める。

「もう無理」「もうお腹切る」と言うと、助産師さんが「無理じゃないよ、もう頭出てるから、早く下から出してあげよう」と叱咤され・・・

院長先生からは「赤ちゃん苦しんでるよ、お母さんの頑張り次第だよ」と脅される。笑。

何の痛みも苦しみもなくスルっと産む想像をしていたのに、実際は普通分娩とはまた違った辛さがあり、半泣き。


「これで最後のいきみにしよう、息継ぎしてもいいから長くいきんで」と3回ほど言われ、最後の力を振り絞り連続でいきむと...

「赤ちゃん出るよ〜ハッハッハッと息して」と言われ、一気に息苦しさと痛みから解放。

次の瞬間「ドルゥン~」。感覚はないが、何かが通過した。


20時前
ご誕生。

白い背中が少し見えるが、しばらく赤ちゃんが見えない(←生まれた瞬間、便をしてたらしい。笑。先生が便を含め身体を綺麗に拭いて処置してくれていた)

そんな事とは知らず、赤ちゃんは見えないし、泣き声もしないし・・・何かあったのかと心配になるが、しばらくして遠くから

「おぎゃおぎゃ」と可愛い泣き声が聞こえる。

旦那さんと母が安堵し大喜び。泣き声を聞きながら、赤ちゃんに「ありがとう」とつぶやいた。


20:00-20:30
生まれたての白いこぐまちゃんを胸の上に寝かせてもらう。

巨大児と言われていたので、旦那さんに似た可愛いミニゴリラ風の赤ちゃんを想像してたが、全く違った。

小さくて白くて白雪姫のような...大きな切れ長お目目の可愛い子。一瞬何かの間違いかと思ったくらい、びっくりした。笑。

ふにゃふにゃで柔らかい。感動より放心状態すぎて言葉がでてこない。

私より旦那さんと実母が歓喜で話しかけてくるも、なんもいえねー。

私のお腹にこぐまちゃんを乗せたまま、助産師さんが旦那くまさんにへその緒を切るよう促す。

へその緒を見て、本当に繋がっていたんだなぁと実感。

超慎重に確認しながら、なかなか切れないへその緒を切り、旦那さん大満足。

こぐまちゃんは処置のため助産師さんに連れられ別室へ。旦那くまさんと実母もそちらに移動。

処置の様子は私もモニターから見れるようになっていた。

母体の処置をされる。ぐったりしてる中、突如お腹をおされ胎盤がでる。

低置胎盤の診断もされていたので、実はここを一番心配していたが、癒着もなく意外にするっと出た。

出血も少なかった上に、血をあまり見ないよう配慮していただいたので、脳貧血を起こさずに済んだ。

気絶して出産の瞬間を見れないかもしれないとも思っていたので、本当よかった。

旦那さん曰く、見てたら気絶するくらい出血はしていたそう。しかも胎盤も見たそうで...どんだけ肝っ玉すわってるんだか(-.-;)

胎盤を出した後は、会陰切開の縫合をされる。縫合の痛みはないが、足をずっとあげているためお股が痛くて脚がしんどい。

縫合の時間が長すぎて暴言を吐き出す。

意識朦朧で我慢できず「まだ?後何分なの?」と連呼する(先生、本当ごめんなさい!!!)。隣の部屋にいた旦那さんと母にも聞こえたようで唖然としていた。

助産師さんにモニターの赤ちゃんを見るよう言われるが、そんな余裕はもはやなく終始暴れたのでめちゃ怒られる。母にもまた怒られる。


赤ちゃんは健康!!
36週で3200gと言われていたが、実際は2996gだった。

(安定期に2900gで生まれてねと胎教したので、あきらめていたが実現した。これにはびっくりした。)