前記事からの続き。
色々考えて、ヨーグルトスコーンを作る事にしました。



なぜなら、飼い主が食べるだけでなく、わんこのヨーグルトスコーンも作れるからです。


わんこ用ヨーグルトスコーンは、意外にも簡単で。
(参照→http://cookpad.com/recipe/696373
半分の量で作りました)

薄力粉、ベーキングパウダー、スキムミルクを入れて


卵、ヨーグルト、蜂蜜をいれて混ぜ生地をひとまとめにする。



硬さは耳たぶ。打ち粉をしながら調節し、棒で厚さ1cmまで伸ばす。


小さめに型抜き。余った生地を上に乗せました。




まろまゆさんのスコーンと並行して、人間のスコーンも作りました。
違いは各種分量とバターやスキムミルク有無くらいで、たいして変わりはありません。
参照→http://www.kuriharasanchi.com/recipe/dessert/vol02.html


オーブン二段で一緒に焼きます。予熱ありの180度、焼き加減を見ながら10分。


まろまゆさん専用ヨーグルトスコーン出来上がり!なんだか、オッパイスコーンとも呼べる形だわσ^_^;笑。



感が良いのか、席に着席しているまろまゆさん。ヨーグルトスコーンをお出ししましたら、たいそう喜んでくれました。



飼い主のスコーンも完成。
焼いてから気づく。蜂蜜チップ入れれば良かったぁ(T ^ T)



外はサクサク、中はふわふわです。参照した栗原はるみさんのレシピは失敗が少ないので安心です。


全く一緒とは言えませんが、同じヨーグルトスコーンを作り食べるという事は一番の食育になるんじゃないかと思います。


あんだけオーブンから良い香りがするのに、人間だけ食べてたら捻くれちゃうよね。笑。
焼きたてが1番美味しいので、早速仲良くいただきまーす♪


というわけで、無事ビヒダスヨーグルト消費完了しました!(^o^)/