6/4(次の日) 
7時前 再び捜索する
 
明るくなり、くまさんと近所の溝や穴などに
注意しながら、探しました。


くまさんが仕事に行く時間になったので、仕事が終わったらまた実家に来てねと伝えたら
「え?まろまゆさんのこと必ず見つけるって決意したから、
今日は実家には帰らず、いつもの家にまろまゆさん連れて帰るよ」
と言われました。



気休めじゃなく、本気で信じてるんだ。そんなくまさんを目の当たりにし
私は気づかないうちに、見つからないことを前提に話をしてた自分が恥ずかしくなりました。



7時半  パワー全開。犬の散歩をしている方に尋ねる

くまさんの信念が私にも伝わり、
絶対見つけてやるモードが漲りました。
人見知りも吹っ飛び、散歩している方や外にいる方にも聞いて回りました。 

そのうち、連絡先とまろまゆさんの写真が分かる
印刷物が必要だと痛感。
一旦家に帰り準備することにしました。



8時 一旦家に帰り捜索の準備をする
 
ビラを作ろうと思いましたが、
なんと、コピー機が壊れていました・・・。

落胆しましたが、なければないで考える!

すると、以前作ったまろまゆさんの名刺があったので
それを配りながら
一件一件ご近所を聞いて回ろうと思いました。
 
訪問スタートを9時と決め、気持ちをしっかり持つため 
まろまゆさんの写真を見ながら、無事にすぐ見つかると
何回も自分に言い聞かせました。 




8時半 自分の身支度をしていたら...

自分の事を後回しにしていましたが、足に痛みが出てきました。
歩きすぎて、履きなれた靴なのに
靴ズレが多数できてしまったみたいです。


また、このままでは倒れると思い、
少しだけごはんを頑張って食べました。
食べながら、SNSに拡散しようと思い、記事を書き
投稿しようとしていた時・・・



「いたよ!」
玄関から母の声が。


(@_@)
一心不乱に玄関に行くと
目の前にまろまゆさんが!
いつものように、しっかり立って、元気に動き、
私によってきました。




何が起こったのかわからず。
夢なのか現実なのかも分からず
でも、安堵の嵐で
抱きよせ、嗚咽しながら泣き倒れました。


本当本当良かった。本当ありがとうと
何度も言いました。




8時45分 まろまゆさん無事保護

なぜ、いきなり見つかったのか。
浦島太郎ばりの謎なんですが
母に見つけた場所を聞いたところ、なんと。


あのダンボールの箱の中でした。
嘘でしょ!?です。



一週間前から置いてあり、先週捨てる予定でしたが、
使うと言うので置いておいたダンボール。


何故かその上に椅子が置いてあり、
出てこれなくなっていました。


母も朝から探してくれていて、ふと玄関の片付けをした所
箱から、少しカサッと音がしたので見てみたら、びっくり!
まろまゆさんがいたのでした。


箱は、まろまゆさんにはゆったりしたサイズでしたが
ただただ暗くて
ごはんも水も食べず飲まずで我慢し
トイレもせず
空気も薄い中に17時間もいたのです。


まろまゆさんは、吠えたり鳴いたりしない子ではありませんが、
実家では二階で暮らしていたので、
縄張りと認識していなかったようです。
 

怖くて鳴いたり騒いだり出来なかったのだと思います。
小さい身体だけど、まろまゆさんの力強い生命力に感動。
本当よく頑張ってくれました。
怪我ひとつなく元気で無事に
戻ってきてくれて、本当よかったです。



9時  まろまゆさん、ごはんを食べる

すぐに、トイレに行き、お水とごはんをあげました。
横になれるようマットを用意しましたが
寝るより、食べる!
その姿に安堵しました。
くまさんや警察に見つかった事を連絡しました。 




9時半 ご近所お礼周りと反省

迷惑をかけてしまったご近所さんに、
お詫びとお礼に行きました。
本当お騒がせし、申し訳ありませんでした。 


まろまゆさんに少し休んでもらいながら、
自己反省。
 

家の中でも何度も呼び、何度も箱の前を通ったのに。
家の中なのに、理解できない場所すぎて
発見できませんでした。


自分の思い込みと注意力のなさで、
すぐに救出してあげる事ができず、
おおごとにしてしまった。
 

また、むやみに実家に連れてきてしまったこと、
普段からいらない物はすぐ捨てておかなかったことなど
二度とこのような事がないように、
深く反省しました。




13時 いつもの家に帰る

1日ぶりの我が家。
広い場所で休めるよう、一緒にベッドで寝ました。


やはり、相当疲れたんだね。
プチいびきかいてます。笑。


寝顔を見ながら、
またこの寝顔が見れたこと、
まろまゆさんがすぐ横にいること、
これからも一緒に寝られることが
本当に嬉しくて。



以前は当たり前だった事が、この上ない幸せで
ただただ感謝の気持ちが込み上げ
泣けてきました。
 


18時 いつもの日常が戻る


その日の夜から日常が戻りました。
まろまゆさん、引き続き爆睡中でしたが 
昨日の夜が夢だったと思うほど、いつもの光景。
いつものように、夜ご飯を作る。 
でも、その日常自体が本当に幸せな事なのだと感じました。



くまさんが仕事から帰り感謝を伝えました。
乗り越えれたのは、旦那くまさんのお陰です。
自分も辛いのに、自暴自棄になった私を側で支えてくれました。
彼の前向きさは、本当すごいと思いました。


私以上に真剣に探し、見つかると信じ
家族を本当に大切に思ってくれている事が、
よくわかりました。


失踪事件で、家族の絆がより強くなりました。
つらい時こそ、側にいて寄り添う。
改めて自分にとって、家族が大切なんだと感じました。



というわけで、無事まろまゆさんが見つかりました。
長々お読みいただきありがとうございました。