体重米やウエディング冊子で使うため、
私の赤ん坊時代の写真を探していたら、ありました。



でぶでぶ。笑。
自分がこんな赤ん坊だったのかと、びっくりします。




アルバムには、節々にどんな状況だったのか
母の一言が添えてありました。

この頃の記憶が自分にはないので、 
新たな一面や
自分はみんなに見守られ愛されて育ったのだなぁとよく分かりました。



写真が綺麗に撮れてる必要も
可愛いくデコレーションされてる必要も、全くない。
一言残してあるだけで、充分だなと思います。



両親が未来に残してくれた写真は宝物です。



祖母が亡くなった時も写真を残す大切さは痛感しましたが、
祖母と写真とまろまゆさんと。写真を残す事の大切さ

結婚式でも、大切さを再認識しました。
宝物をたくさん残していきたいと思います。