2日目。
小豆島を離れフェリーから降りて向かった先は



くらしきとか_7412

岡山県倉敷市美観地区

風にそよぐ柳並木や、白壁となまこ壁が美しいコントラストを見せて倉敷川に影をおとし、
伝統的な日本建築の美しさをよく残しているこの一帯は、
江戸時代には米の積出地として栄えたところで、町並みから往時をしのぶことができる。
世界的名画を集めた大原美術館をはじめ、民藝館、考古館など、文化的施設も多数ある。
 



くらしきとか_89

散歩するにはもってこいの場所です。
倉敷川沿いの並木通りを歩いたり







DSC_3420
休憩したり
明治時代にタイムスリップしたかのように、
ゆっくりわんこと過ごせます。





わんこと店内は入れませんが
立ち寄ったお店をご紹介。


くらしきとか_8897
くらしき桃子 倉敷本店
 
岡山県産の果実を使用した
ゼリー、ジュレ、プリン、コンフィチュールなどが多数あり
果物好きにはたまりませぬ。

 
倉敷の犬猫屋敷

ネコと犬グッツのまみれのお店。
ペット好きにはたまらないです。
奥には二匹の看板ネコがおりましたが、爆睡されていて
動きませんでした。




瀬戸内庵
だしの飲み比べができて、美味しかったので購入しました。
かきのお塩も買っちゃいました。




買い物が終わり
最後に気になったのがここ。

2_7537
デニムストリート
岡山県はジーンズ関連の企業が多く集まる「産地」で有名。
奥には星野監督の記念館があります。



くらしきとか_7120
デニム色のソフトクリームに肉まんやバーガー('A`|||)
うぬぬ。。。すごい色。
食べる勇気がなかった。。。





0e9e2040
というわけで、歩いたり、バギーに乗ったり、買い物したりで
美観地区を楽しみました。




(※美観地区の駐車場は周辺に停めることになります。
私達は芸文館地下駐車に停めました。
歩いて5分圏内で8時~20時まで820円くらい。
他にもパーキングや市立中央図書館などがあります。)





番外編:ランチ
美観地区でうどんでございました。

くらしきとか_819
備中手打ちうどん おおにし





くらしきとか_2417
やまかけうどん






小豆島ツアー まりも初めての船と島_7026
岡山名物うどんセットは、
うどんともう一品ついてくるのが



小豆島ツアー まりも初めての船と島_265
ままかりのおすし
ママカリ料理は、岡山県の郷土料理なようです。



●「ママ(御飯)をカリ(借り)に行くほどおいしい」ということから
  ママカリと呼ばれるようになったのは有名な話。
  脂が乗る旬の時期が秋の稲刈りの時期にあたるため、「
  ママ(稲)を刈る」ことからママカリとなったとも言われています。

●初夏のママカリは骨や皮も軟らかく、また、秋のママカリは脂が乗っていておいしい。
  酢漬けは、ばら寿司の具材として欠かせない食材の一つです。






DSC_3473
というわけで、倉敷の旅は終わりです。
長々とお読みいただきありがとうございました。