ダイエットは
食べる量より消費する量が多ければ痩せる。

シンプルでごもっともですが
それが一番難しいんじゃ!Σヾ( ̄0 ̄;ノオリャ~

image

ただ痩せればいいというものでもありませんからね。 はい。
ということで、今までのわんこのダイエット生活から
参考になるか分からないコツを紹介いたします。



その1.記録をつけ観察する
これが一番大切だと思います。
始めの頃、どのくらい食事を与えればいいのか分からず、
ネットで調べたりしましたが、 人間と一緒でわんこによって違います。

一番は何をどのくらい何回あげたらどうなったか。体重を計り、散歩量
など記録をつけて、飼い主が調整していくことだと思います。

まろまゆげさんは、1日2回夜は気持ち少し少なめに
水分量のおおいものをあげました。
記録のおおざっぱなやり方や体重設定などは、☆こちら



その2.焦らず少しづつ体重を減らしていく
急激に食事の量を減らすのは、NG!!
身体が危険を察知し、急激に脂肪を体内に溜め込もうとします。
内蔵脂肪は減らすのは大変です。

また、人間とまた同じで減らない時期ってあります。
記録をつけると変化がない時、飼い主がイライラしてしまいますが
身体が慣れているサインだと思って
「いつも頑張ってるね」とワンコをマッサージしてあげました。

自分も癒されるし、わんこも癒されるのでオススメです。    
楽しんで一緒にダイエットするのが、結果一番効果あります。




その3.おやつは野菜スティック、または細切れに 

わんこは猫ほど好き嫌いがないので、ありがたい生き物です。
野菜の中でも、根菜類や緑黄色野菜など甘味のある野菜はよく食べてくれます。

一緒に人参をポリポリ食べたり、キャベツをバリバリ食べたり、楽しいですよ。
運動量が多い日などは、市販のオヤツやガムを細切れにしてあげました。




その4.食や犬について正しい知識を学ぶ
長年一緒にいても、意外にワンコのことを知らなかったりします。
言い伝えや宣伝文句を
「正しい!」と思い込んでることがたくさんありました。

また、獣医さんに以前、犬でいう0.5キロ分の
脂肪の模型を見せていただいたことがあります。

人間でいうと0.5キロって少ない!と思いますが、
人間と犬では0.5キロの意味が違いました。

犬種にもよりますが、超小型犬のチワワだと0.5kgの体重増は、
人間の15キロに相当するそうな(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? すごい塊でした。


特に食については、栄養学からお勉強しました!!!
一番参考にした本↓↓↓

その4.水分量の多めな食べ物をとる
これはうちのわんこだけなのかもしれません。

カリカリのダイエットフードも試しましたが、
うちのわんこは効果ありませんでした。
逆に半生タイプのほうが、水分を含んでいるのか痩せました。
より水分が多く入ってそうな食品が、まろまゆげさんには合っていたようです。
(これはその1の記録をつけていたからこそです。)

一番減量できたのは、手作りごはん。
といっても、そんな手の込んだことはしてない。
ただ茹でた野菜~とかごはん~とかです。

でも、水分が一気に増すので量があっても減量できました。
わんこにとっても嬉しいし、家計が助かるので飼い主も嬉しい。笑。         

ただ、私は実家にいた時、料理をしていなかったので
休みの日にまとめて作ったり、無理のないようにフードと 併用していました。
飼い主も無理なく続けられるということが大切です。




その5.人間の食べ物をわんこの届く所に置かない
当たり前なのですが、犬の嗅覚はすごい鋭いです。

何気に置いていた私のカバンから、奥底にあったお煎餅を掘り出し食べていました。
封はあいていなかったので、自分で封をあけて見事完食。

それからは、床にはモノを置かないように気をつけました。

飼い主がふいに机に置いていたり、気を抜いた時に
気づいたら食べていたってことが意外に多いので注意が必要です。



番外編: 食べ物を与える人から遠ざける
一番難しいのが、家族や自分意外の誰かがやってしまうということ。
番外編だけど、コレが一番大変。

理解ある協力してくれる方ならいいですが
思い込みの強い人やワンコについて分かってない人、
隠れてやってしまう甘い人が相手だと、苦労します。
わんこのことに集中したいのに、言い方や作戦を考えないといけないので面倒。

参考になるか分かりませんが・・・・

・抱っこして重さを実感してもらう
・体重の表を貼っておき協力を仰ぐ
・何も与えていない日は、たまにでいいので感謝を伝える
・あらかじめ与えてもいいものを渡しておく

それでもダメなら遠ざける!!!!
最後は、ゲージを買って隣の部屋に行かせないようにしました。
私も悲しいけど仕方ないです。



ということで、色々大変だと思いますが、無理なく楽しくダイエットしましょう!